FC2ブログ

なごむ日々 -多肉生活始めました-

  初心者がベランダで多肉の成長に一喜一憂するブログ

秋深し、多肉にセーター着せてみる

ひどい台風でした。

四国・徳島は台風直撃。昨日は丸一日、家から出られませんでした。


多肉たちも、今日のお昼すぎ、ようやく外へ。

たった二日しか経っていないのに、以前とは陽射しの強さ、そして角度が変わった感じ。

秋がいよいよ深まってきたなと感じます。



さて、外出できなかった私。何をしていたかというと、

ぐふふ、またまた葉挿しちゃんたちをじっくり観察。

うー、たまらん。苗と一緒にどこぞのショップで売ってくれないだろうか。

「白牡丹・葉挿し、ちょい出」

「ローザ・葉挿し、ちょいもり」

「まさかのハオルチア・葉挿し、ちょい棘」


苗以上に争奪戦になりそう・・・。



我が家には、数種類の葉挿し&挿し木しかないのですが、

葉挿し2
奥に鎮座するのは、挿し木というには立派すぎる「サボ子」。
胴切り後、乾燥させ、現在発根待ちです。



その中でも今お気に入り「虹の玉」の赤ちゃんをじっくり観察。

葉挿し1

たまらん。葉挿しストラップが欲しい。だれか作ってくれんかしら・・・。



そして、もちろん丸一日多肉を眺めていたわけではありません。


せっかくの缶詰状態なので

編み棒と毛糸を数年ぶりに出してきまして・・・


アミアミアミアミ・・・





こんな鉢カバー(多肉セーター)を作ってみました。

センベル中


実は、ミリーさん便は、センベル以外は寄せ植えに使ったので、単品植えにしてみたのですが、

センベル上
センペル・フランクレイネルト

前回記事の寄せ植えぎゅうぎゅう体験した後なので、なんだか一人(一個)で寒そう・・・


それで、

センベル手編み上

手編みセーターを着せてみました。


これで、お外に出ても、

寒くな~い! (と言ってるかどうかはわかりません)

センベル外



他の多肉たちも着たそうだったので(あくまでも推測)、

着せ替えもしてみました。

熊童子
(熊童子)



素焼き鉢にセーター着せたら元も子もないような気もしますが・・・、


いろいろやってみます!



最後までご覧いただいた心優しい皆様、ありがとうございます!


にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

PageTop

ミリーさんの苗で、初めての寄せ植え

四国・徳島は明るい曇り空。いつもより風が少し強い朝を迎えました。

台風の進路が気になります。


さて、ミリーさん便が届いて2日。可愛い苗たちは、室内の窓辺でしばらく待機。

少しずつ、四国・徳島の気候に慣れていってもらってます。



というのは口実で、もうすぐそれぞれの鉢に離ればなれになるこの苗たちの

ぎゅっと寄せあった状態を見ていたかっただけかもしれません。


たまらん、このみちっとした感じがたまらん。


センベルの葉数、半端ないな。1枚、2枚、3、4、5・・・・

朝、昼、晩、多肉たちを凝視し続けながら、お岩さんのように葉数を数える私。

いつも以上に、家族を気色悪がらせたのは、言うまでもない。


そんなふうに多肉に見とれている時、「あること」が頭に浮かびました。


それは、


「みっちり多肉」をずっと見ていたいなら、「寄せ植え」にしたらいいのでは?


ということ。


センベル以外の、これと、


エケベリア・黒助


これと、


エケベリア・グリーンエメラルド


それからこれを、

エケベリア・女雛

一緒に一つの鉢に入れちゃえばいい。


憧れブロガーさんとか、多肉本に載っていたみたいな、


素敵な寄せ植え。


やってみたい。


思い立ったがなんたら。すばやく多肉本を再読。ふむふむ。


・デザインのポイントは奥に背の高い種類を配置(なるほど・・・)。

・全体的に三角形で構成(これは、三個やからできるのでは?)

・小砂利を敷いて、動物のミニチュアなどを配置(うっ、ミニチュア、ない)

・奥行感を出す(ん?奥行とは?)


よくわからないポイントも書かれていたけれど、まぁ、とりあえず、


やってみましょう。



えー、まず、鉢。寄せ植えする鉢は、実はある。

夏に家族で体験陶作した、徳島名産・大谷焼の植木鉢。

私のは、虹の玉の挿し木用に使ってしまったけど、旦那さんが作ったのがある!

植木鉢用に底穴まで開けたのが、ある!

ロートレックの絵画と共に、棚に鎮座しているこれ、使いましょう。






えーっと、次に、挿し木できるのは「虹の玉」とクラッスラ「十字星」ちょびっとか・・・。

寄せ植え用じゃないから、高さ低い・・・まぁ、いいでしょう(何がいいのか・・・)。

セダムとかも良いんだろうか?(けど、植え替え苦手やし、やめとこか・・・)。




ぶつぶつと一人つぶやきながら、とりあえず、主役を鉢に配置。



苗2つだと、空間が空くし、色合いも渋すぎ。


で、やっぱり3つ置いてみる(三角形やしね)。




かなり、「ぎゅうぎゅう詰め」やけど・・・、まあ、よし。


ミレーさんの土、綺麗でサラサラ。使いやすので、そのまま寄せ植えにも使わせてもらって・・・詰めつめ。


そして空間に(すし詰め状態でほとんどないけど)、十字星と虹の玉を挿し、挿し・・・・


で、でけた





なんか、皆さんの素敵なやつと、ちょっと(だいぶん)違う。


何が違う?何が?







平たい。平べっちゃい。


そして、奥行きなし。というか、どこが奥?



次回は、もっと頑張ります!



最後までご覧いただいた心優しい皆様、ありがとうございます!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村




PageTop

初めてのミリーさん便

四国・徳島、今日はやけに蒸し暑い。台風が近づいてきているせいでしょうか?

秋物の長袖を着せてた息子(1歳8か月)。暑かったのか、気づけば服を脱ぎ捨て、上半身裸で走り回っている。

驚きつつ、ちょっとだけ羨ましい。もちろん「半裸が」ということでなく、

「暑けりゃ、脱げばいいじゃん!」って、その自由さ、にね。


あぁ、10月でも素足にサンダルで堂々と歩きたい~!
靴下なんか暑くて履いてられないの~!

(スーパーとか、堂々とサンダルで行ってるやん 《家族談 》)



えー、さて、いつものことながら関係のない話が長くなりましたが・・・

昨日、初めてのミリーさん便が届きました。

届いたのは、この4つ。


(左前・女雛、右前・エケ黒助、左奥・エケ・グリーンエメラルド、右奥・センペル・フランクレイネルト)

はっきり言って、大満足です。

こんなネームプレートまで付いてきたし、



先輩ブロガーの皆様が、「ミリー」さんで次々と美形多肉を手に入れている様子を読んでいたし、

同じく一度買い物をしてみたかった「いとうぐりーん」さんがほぼ完売状態だったため、

更新翌日に運良くチェックできた「ミリー」さんでポチらせていただきました。



実は今回、荷物が到着するのを心待ちにすると共に、ドキドキもしていたんです。

いつも買わせていただいている「カクトロコ」さんから1か月ほど前に届いた便が、

こんな面白い、いやいや、恐ろしい状態だったからです。


一番下の鉢が空っぽ。で、肝心の多肉(デビー)が、左上にびよーんと飛んでる


皆さんご存知のように、カクトロコさんの荷物は上部がビニールで丸見え。

当然、宅配便のお兄さんも恐縮した様子で、「すみません。返品にしますか?」と言ってくれたのですが、

よく見ると、多肉自体は傷んでいないようだし、せっかく縁あって来てくれた他の多肉ちゃんも

一緒に返すのしのびないというう気持ちに・・・。

葉が折れてたりしたら返品しただろうけど(ビニール越しにモリモリなのが見えたし)。


結局、返品はせず、受け取りました。


現在、そのデビーは何事もなかったかのような成長ぶりです。


よっ、さすがのカクトロコ産!


ですから、苗自体には何も不満はないのですが、

できれば、


無事に届くか?多肉は、無事か~~?


という心配は、必要以上にしたくないなあと思っていたところの、ミリーさん便でした。


小ぶりな段ボールを怖々開けると、


苗どころか、土もほとんどこぼれていない。綺麗だ~

当然のように、整然と、美しく多肉たちが並んでいる。

あ~、なんという安心感。



十分な品種が、売られていない四国・徳島タニラー(しかも超初心者)にとって、ネットで多肉が買えることがどれだけ有難いか。

カクトロコさんも、ミリーさんもこれからもお世話になります!

苗の種類や数の充実、そして梱包技術の向上、ほんとに期待しています。


多肉生産者さんの思っている数十倍、いえ、数百倍のわくわくした期待感で、私たちタニラーは

可愛い多肉たちの到着を待ちわびているのですから~。

ルン♪





最後までご覧いただいた心優しい皆様、ありがとうございます!


にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村





PageTop

いろいろやってみる(サボテン胴切りとか)

気が付けば、ブログを開始して一週間以上が過ぎました。

三日坊主で、パソコンもあまり詳しくない私がなんとか続けられたのは、

これまで、ただの読者の一人だった自分が、

憧れの多肉ブロガーさんと同じ場所にいれる、息吸えるーーー!

ということ、それからもちろん、

「多肉愛」

これに尽きます。


いつまで書けるかわかりませんが、これからもどうぞよろしくお願いいたします。


さて、気持ちの悪い前置きはこれくらいにして・・・

ここ一週間、少し気にしている挿し木があります。



シワシワ過ぎて何かわからないと思いますが、樹氷です。

数か月前、多肉植物本で、「挿し木」というものを勉強したこともあり、

切って、挿して、根が生えて、大きくなったら、また子を吹いて~♪

になるんじゃない?と気楽に挿し木したものの、待てど暮らせど、この有り様です。


そして、同じことは姫花キリンの挿し木にも起こっていて・・・



こちらは2か月ほど前に挿しましたが、向かって右はすぐに根付いてすくすく成長。小枝ちゃんみたい♪

そして、左側は・・・一晩外に放置したスルメみたいです。


いろいろするの、辞めといたほうがよかったかなぁーと、落胆しかける私の脳裏にある言葉が、


「頑張って何かしようとしたら失敗は当然と思え、「失敗しない」ってことは、前進もしていないんやぞ~」


仕事、子育て、私が失敗して落ち込んでいると、いつも言ってくれる父の言葉です。


そうよ。そう、そう。お父さん、ありがとう! 私、やっぱり頑張る!


いろいろやってみる!


というわけで、めげない私は、以前から気になっていた

先細り&変形サボテン(IKEA産)の胴切に挑戦いたしました。


数年前購入後、ほとんど日に当てず、円錐みたいに徒長させたサボテンを、




多肉植物に目覚めたこの春から、いきなり毎日、日光浴させたため、




こんな形にしてしまったからです。ごめんね、サボさん。

ものの本によると、「カットされた株は、そこから先成長することはないが、下部から新しい仔が次々発生する・・・」

と書かれている!もちろん、カットした仔も乾燥後、挿し木に・・・


これは、ぜひやってみなければいけません!!(いけないことはない)


切る方法を調べると、「のこぎり」「カッター」「釣り糸」・・・

釣り糸!

ある。家にたくさんあるぞ。

そして、釣り糸切り適任者が、今日は休日で在宅中ではないか(ラッキー)。




旦那さんにお願いしました。

糸をサボテンに巻き付けて、

そーっと、そーっと、そーっとよ


うあっっつ 


結局、私が一番騒がしい。

でも切れた!




うわ~、切り口見せて!



うわ~! なんか、瑞々しい!


カップに入れると



おいしそう。


あー、いろいろできる多肉植物、


心から、楽しい。


サボテンに変化があればお知らせします。


超初心者の自己流カットですので、もちろん、当然、真似をされないようにどうぞよろしくお願いいたします。



最後までご覧いただいた心優しい皆様、ありがとうございます!


にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

PageTop

台風過ぎて思うこと

四国・徳島は早朝台風が過ぎ、現在は風が強いながらも良いお天気です。

台風の被害、皆さんの地域はいかがでしたか?

先輩ブロガーの皆さんに習い、我が家も少ないないながら全ての多肉を室内に避難しました。

植物たちは無事でしたが、朝ベランダを見るとエアコンの室外機が・・・

あわわー!

倒れていて、びっくり。


通常の景色


今年の夏、室外機からの熱風に耐えている多肉たちをみて、いたたまれなくなり、熱風が上に逃げるタイプを購入。

よかれと思い、奮発した室外機カバーで、あやうく多肉たちを惨事に巻き込むところでした。


それにしても、地震はもちろん、大雨、台風と、ここ数年は自然災害の恐ろしさを痛感せずにはいられません。

四国でも「南海地震」がいつ来るかと言われていますが、


家事の合間、ぷにぷに多肉を触ったり、




子どもがお昼寝をした時、ベランダに出て、生まれたばかりの多肉の子達をみて和んだり、


(虹の玉の葉挿し)


そんな些細な幸せな時間を一瞬で奪うようなことが、どうか起こりませんようにと、願うばかりです。




けど、いやな気持だけでなく、

昨夜は、多肉たちと部屋で過ごしたおかげで、いつもと違う夜にもなりました。


(台所で炊事してても多肉が見える)

不謹慎ですが、幼少期、台風前、雨戸で締め切られた部屋の中で過ごしたわくわく感を思い出したりして・・・

多肉たちのおかげで、いろんな気持ちになれます。


最後までご覧いただいた心優しい皆様、ありがとうございます!


にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村



PageTop

日曜市、のち台風準備

四国・徳島は朝から曇天。

雨は降っていませんが、少し強めの風に、台風の接近を予感させます。

今年初めて育てた「ワイルド・オーツ」の穂も黄金色に。

風にそよそよ。 秋らしい。




さて、今日は台風で大雨を予想していたため、終日家こもりと思っていましたが、

曇天ながら涼やかな気候の休日。そこで

家族(夫、子供1《中学生》、子供2《もうすぐ2歳》)とともに、地元・徳島の日曜市にいきました。

毎日曜日に徳島市問屋町で開催されている「徳島びっくり日曜市」


出店数300とも言われていますが、今日は台風の影響もあって、出店数は少なく感じました。

野菜、フルーツ、骨董、手作り品といろんなものが売られているのですが、

私のお目当ては、やはりこれ、



植物です。うふ。

サボテンなども時々立派なのが売られていますが、今日は出店がなくがっかり。

結局、戦利品は野菜&徳島・神山町の美味しい「梅干し」(薄皮でジューシーでほんとに美味しい)だけでしたが、

秋の七草・桔梗が出ていたりして、癒されましたよ~。また、近々来たい!



で、家に戻ってから、水を切らすとすぐシワシワになってしまう樹氷の水遣りなどをこそこそ。

讓ケ豌キ_convert_20141005144808

初めてネット便・カクトコロさんで8月に買ったファンファーレ。

花芽っていうのでしょうか、これ、このまま咲かしていいのかどうか・・・うーむ、わからん。




一通り(などといっても数は決して多くない)、マイ多肉を眺めながら、ふと思い出す。

あれ、そういえば、もうすぐやつが来るぞ。

台風。

どうしよう。

どうしたものか・・・うーむ。

台風情報などをちらちらと気にしつつ、先輩タニラーさんの過去のブログ記事からも対処法を教わりつつ、

うーむ(珈琲ズズズー・・・・)。時間だけがのんびり進む。

どうしたものか・・・ズズズー。

一先ず、慣れるまでは室内へ全撤去か!!

全部入れたら、大変やしなぁ。赤子もいるしなぁ。ズズズー。


うおー、教わりたいぃぃ。先輩にご教授願いたい。個人的にいっぱい聞きたい~!

他にも、葉挿しも、多頭のこととかぁ、冬越しとかぁあ~(台風と関係ない)。

ぐるぢぃ・・・と、悶える日曜の午後でありました。(とっとと、行動しましょう)


超初心者タニラーの台風襲来の私の行動は、後日記載します。


台風、ほんまに来るのかなぁ?(あきらめの悪いわたし)



最後までご覧いただいた、心優しく寛大な皆様、今回もありがとうございました!


にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村







PageTop

多肉初心者ベランダ事情

「『教わる』とは、事実・現象から教わらないといけない 」  by辰吉芳子(料理研究家)

昨日観たドキュメントの言葉。まったくその通りです。

だから・・・



ハムシーの葉ふちが赤くなって(もちろん紅葉)、

ぎゃー、葉やけ~~!

と家族の前で大騒ぎした私を、誰が責められよう。

もっと言えば、紅葉するまで、「白兎耳」と思ってた (´^`;)。ネットで知って、愕然。ハムシーだったとは・・・

けど、いい!

だって、

「『教わる』とは、事実・現象から教わらないといけない 」 ものなのですから~!


と、いつも前置きが長くなりすみません。



さて、四国・徳島は湿度も高く、陽射しも結構強い朝を迎えました。

多肉初心者の私は、ベランダ多肉置場で右往左往。

虹の玉、こっちでOK!(適当)、黒法師は、こっち?いやこっち側?(もっと適当)

えーっと、「白樺キリン」は・・・強光大丈夫だっけ?(カチャカチャ・・・パソコン検索・・・うーん・・・わからん)

うーん・・・わからん。

と、悩んではみたものの、うちのベランダ多肉置き場は、マンションベランダゆえ、2か所しかありません。



(貧相で雑然としたベランダで恥ずかしい・・・)


一応、南向きなのですが、前面に建物があって、陽射しが入るのは時間に限りがあります。

午後から陽が数時間入る部屋側には観葉植物(アボカド)などを中心に置き(陽があまり入らない時間は葉挿なども)、




朝からお昼過ぎまで陽が入る手すり側には、日光に当てたい多肉を配置しています。



上、中、下段でもそれぞれ陽が差す時間がちがうため、慣れない私は、あっちこっちと移動を繰り返し、おろおろ。


「多肉は、同じ場所に置きっぱなし。だって、多肉本来の力を信じていますから~」

などと、憧れの多肉超上級者様のような余裕な言葉を発してみたいものです、うう・・・

ちなみに、暑い日は、葉挿しなどのちびっ子たちは部屋の中、

100均アイテムで作ったこんな棚に配置。



ハオルチアなど、強光に弱い子達も吊り下げたりしております。


高級感もなく、そして、小さなガーデンですが、私にとっては、日々の疲れを癒してくれる、最高の場。

ここにまた、新たな子が増えたら・・・ふふ。楽しみです。


最後までご覧いただいた、心優しく寛大な皆様、今回もありがとうございました!


にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村









PageTop

こ、これだ! 姫花キリン

多肉植物に夢中になって、初めての初秋。

尊敬する先輩タニラーの皆様が、ブログで、

「日光浴はじめました~」

との記事を読めば、家事をほっぽりだし、いそいそベランダ日向側に多肉たちを移動。はたまた、

「やっぱり、まだ遮光です」

と書かれていれば、慌てて、ベランダ日影側に移動。




はっきり言って、おろおろの日々でございます。

ああ、わからん 多肉の置き場所 秋の空。  By 超初心者タニラー



さて、前回「姫花キリン」との出会いを綴りましたが、今回は、その続き。

多肉植物の虜になるきっかけは、

ある雑貨店で見かけた、

虹の玉です。

このかわいこちゃんを連れて帰りたい、けれど、育てられる自信がない。

勇気をだしてお店の人に、育て方をご教授願うと、

「日陰でも室内でも大丈夫ですよ~。多肉は、観葉植物より育てやすいから、ちょっとやそっとじゃ枯れないですよ。てへっ」

と、(嘘を)教えられた。

もちろん、当時の無知な私が、虹の玉を数週間で、ただの棒にしてしまったのは言うまでもない。とほほ。

その後、フリーマーケットで再度虹の玉を購入。夏の遮光で徒長気味ですが、何とか育てることができています。

虹の玉5

ほんま、あの○○な店員・・・、今度会ったら・・・・・・むにゃむにゃ・・・


あっ、話が少しそれました。

というような感じで、多肉植物の面白さに気づいた私は、その後、センベル、ハムシー、七福神などを購入。

数年間、緑の葉っぱしか見せてくれない姫花キリンのことは、なかったことのように、

ベランダの見えにくいところに放置状態でした。(ごめんなさい)

では、どのようなきっかけで、姫花ちゃんとわかったか。

それは、多肉植物の本を何気なく(いや熟読か)眺めていたとき。

無題

169ページ(持っている方は暇なときにどうぞ)に書かれた

花麒麟を剪定してみよう!

のコーナーを見て、長年の鬱々としたつまりが、すこーんと溶けたんです。


こ、これ、うちの、緑の葉、茎トゲトゲの謎のサボテンに似てる!

その後、インターネット調べにより、花麒麟ではなく、姫花キリンであったことが判明。

4年越しに育て方がわかり、いやそれ以上に、多肉植物と4年も既に同居していたなんてぇぇええ。

と、大声で叫びまわって、家族を気色悪がらせてしまいました。

その翌日、さっそく、高級鉢に植え替え(ああ、ゲンキン)。

毎日お日さまに当て続けた結果、めでたく、4年越しに赤い花が付きました~。

姫hana

あぁ、感動。多肉万歳。


心の隅にとどめておくような、些細な話。

ですが、あの繋がった時の感動を、どうしても書き留めておいておきたく綴らせていただきました。

最後まで読んでいただいた優しい皆さん、感謝します!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村



PageTop