なごむ日々 -多肉生活始めました-

  初心者がベランダで多肉の成長に一喜一憂するブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

こ、これだ! 姫花キリン

多肉植物に夢中になって、初めての初秋。

尊敬する先輩タニラーの皆様が、ブログで、

「日光浴はじめました~」

との記事を読めば、家事をほっぽりだし、いそいそベランダ日向側に多肉たちを移動。はたまた、

「やっぱり、まだ遮光です」

と書かれていれば、慌てて、ベランダ日影側に移動。




はっきり言って、おろおろの日々でございます。

ああ、わからん 多肉の置き場所 秋の空。  By 超初心者タニラー



さて、前回「姫花キリン」との出会いを綴りましたが、今回は、その続き。

多肉植物の虜になるきっかけは、

ある雑貨店で見かけた、

虹の玉です。

このかわいこちゃんを連れて帰りたい、けれど、育てられる自信がない。

勇気をだしてお店の人に、育て方をご教授願うと、

「日陰でも室内でも大丈夫ですよ~。多肉は、観葉植物より育てやすいから、ちょっとやそっとじゃ枯れないですよ。てへっ」

と、(嘘を)教えられた。

もちろん、当時の無知な私が、虹の玉を数週間で、ただの棒にしてしまったのは言うまでもない。とほほ。

その後、フリーマーケットで再度虹の玉を購入。夏の遮光で徒長気味ですが、何とか育てることができています。

虹の玉5

ほんま、あの○○な店員・・・、今度会ったら・・・・・・むにゃむにゃ・・・


あっ、話が少しそれました。

というような感じで、多肉植物の面白さに気づいた私は、その後、センベル、ハムシー、七福神などを購入。

数年間、緑の葉っぱしか見せてくれない姫花キリンのことは、なかったことのように、

ベランダの見えにくいところに放置状態でした。(ごめんなさい)

では、どのようなきっかけで、姫花ちゃんとわかったか。

それは、多肉植物の本を何気なく(いや熟読か)眺めていたとき。

無題

169ページ(持っている方は暇なときにどうぞ)に書かれた

花麒麟を剪定してみよう!

のコーナーを見て、長年の鬱々としたつまりが、すこーんと溶けたんです。


こ、これ、うちの、緑の葉、茎トゲトゲの謎のサボテンに似てる!

その後、インターネット調べにより、花麒麟ではなく、姫花キリンであったことが判明。

4年越しに育て方がわかり、いやそれ以上に、多肉植物と4年も既に同居していたなんてぇぇええ。

と、大声で叫びまわって、家族を気色悪がらせてしまいました。

その翌日、さっそく、高級鉢に植え替え(ああ、ゲンキン)。

毎日お日さまに当て続けた結果、めでたく、4年越しに赤い花が付きました~。

姫hana

あぁ、感動。多肉万歳。


心の隅にとどめておくような、些細な話。

ですが、あの繋がった時の感動を、どうしても書き留めておいておきたく綴らせていただきました。

最後まで読んでいただいた優しい皆さん、感謝します!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。